Apex Legends:ライフラインのアビリティの使い方・立ち回り

Apex Legends

ライフラインの特徴やアビリティの使い方と立ち回りをまとめました。

スポンサーリンク

ライフラインの特徴を紹介

「諦めるな。そうすれば勝てる」

戦う衛生兵

アジェイ・チェ、通称ライフラインはApexゲームには似つかわしくない存在だ。裕福な戦争成金の子として生まれるが、親の築いた財産の血生臭さに気づいた彼女は家を出て、フロンティアの恵まれないコミュニティを支援する人道支援組織「フロンティア兵団」に加入した。それ以来、彼女は人助けに心血を注いできた。Apexゲームに参加する理由は、稼いだ賞金をフロンティア兵団に提供するためだ。

Apexゲームに穢れなき参加者は存在しない…大会の本質は誰にとっても明らかだ。ライフラインにとって勝利は人道支援へと繋がるたため、この血塗られた祭典に臨む彼女には、気後れなどない。少なくとも、彼女は自分にそう言い聞かせている。無神経な皮肉屋に見えるが、心の奥底では人を助けて、世界をより良い場所にしたいと願っている。そのためには、人を始末することも厭わない。

 

本名 Ajay Che
年齢 24

ライフラインのアビリティー紹介

戦術アビリティ パッシブアビリティ アルティメットアビリティ
D.O.C.ヒールドローン 戦う衛生兵 ケアパッケージ
一定時間、付近の兵士を自動的に治療する慈愛ドローンを要請する。 ノックダウンされた仲間を、シールドの壁で守りながらすばやく回復する。また、回復アイテムを25%早く使用できる。 高品質の防御用装備を積んだドロップポッドを要請する。

D.O.C.ヒールドローン

ヒールドローンを設置したとき味方が近くにいれば自動で回復してくれる戦術アビリティです。

シールドを回復しながらヒールドローンで回復することができるので味方の回復を助けることができます。

D.O.C.ヒールドローンは使用後60秒で再使用可能になります。

戦う衛生兵

戦う衛生兵はドローンでシールドを張りながら味方を復活させ、自身の回復アイテム使用時の25%早く使用できるパッシブアビリティです。

最前線で味方が倒されてしまっても、ドローンでシールドを展開して復活できるので味方の復活率が上がります。

闇雲に味方を復活させてもシールド外からやられてしまうこともありますので、クリアリングはしっかりと行いましょう。

ケアパッケージ

高品質な防御用アイテムを積んだケアパッケージを要請するアルティメットアビリティです。

ケアパッケージの中には回復アイテムと防具が入っています。

どれも高品質なものが届くので、余裕があればケアパッケージはドンドン要請していったほうが良いです。

多く要請するためにもアルティメット促進剤を使うようにしていくといいです。

ただし、ケアパッケージは到着の際に青い光を出しながら到着するので、周りの敵からはバレバレなので注意してください。

ライフラインの立ち回り

ライフラインは前線で戦う味方のサポートレジェンドです。チームの最後の要となる存在です。

なので、前線で戦う味方より一歩下がったところから戦うようにしましょう。

武器

安定した立ち回りが求められると思いますのでアサルトライフルとライトマシンガンが良いのではないかと思います。

セカンド武器は味方の立ち回りに合わせる武器になるのではないかと思います。

味方に合わせてサポートをしよう

ライフラインはガンガン前に出て味方を引っぱるというよりかは一歩後ろで支援する立ち回りです。

なので、初心者のうちはどこに行けばわからないということも多いと思いますので、ライフラインで味方についていく動きでも良いと思います。

味方の体力が下がれば積極的にヒールドローンを回し、味方がノックダウンされたら周りを見て味方を起こし、ケアパッケージが要請できればドンドン要請して行くことで優勝する確率が上がっていきます。

味方への依存が高いと思いますので、味方の動きを見てしっかりと付いていきましょう。

コメント